読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジなので。懐古中年、Gose on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、メインブログの裏で、こっそりチャレンジを続けて行くブログ。

書籍

”戦闘機「隼」昭和の名機その栄光と悲劇”です。

みなさん、こんにちは。水の心です。今日は、光人社NF文庫、1995年発行の ”戦闘機「隼」昭和の名機その栄光と悲劇”です。 著者は、技術描写では定評のある「碇 義郎」氏です。 現在「ハヤブサ」といえば、バイクや、宇宙探査機で有名かも知れません。ですが…

「雷撃のつばさ」です。

みなさん、こんにちは。水の心です。 今日は、光人社NF文庫1997年4月発行の世古 孜(せこ つとむ)著「雷撃のつばさ」です。 <画像はウィキペディア天山(航空機)より> 世古氏は、昭和16年(1940年)5月、海軍第16期乙種飛行予科練習生としてスタート。…

「空のよもやま物語 空の男のアラカルト」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は光人社NF文庫1997年「わち さんぺい」著 「空のよもやま物語 空の男のアラカルト」です。 著者の「わち さんぺい」氏は、広島県出身。 山梨航空学校から陸軍航空審査部の偵察隊に軍属として参加。整備審査業務に従…

「海軍めしたき総決算」です。

みなさん、こんにちは。水の心です。 今日は昭和59年発行の新潮文庫「高橋孟」著 「海軍めしたき総決算」です。 著者の高橋氏は、昭和16年に海軍主計兵となり、佐世保海兵団で教育され 「めしたき兵」となる。 軍艦霧島に配乗、ハワイ奇襲作戦に参加し、その…

「零戦よもやま物語」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は、光人社NF文庫1995年発行編者高野弘 「零戦よもやま物語」零戦アラカルトです。 この本は、軍事雑誌の「丸」にて、昭和45年2月号から昭和57年8月号まで掲載された「零戦とわたし」をまとめたものです。 戦時中…

「航空テクノロジーの戦い」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は、光人社NF文庫、1996年発行、碇義朗著 「航空テクノロジーの戦い」 「海軍空技廠」技術者とその周辺の人々の物語 です。 この本の舞台である「海軍空技廠」は、 昭和7年(1932年)追浜飛行場に隣接設置され、 昭…

「サムライYの青春」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は「横内仁司」著、ベトナム戦争日本人志願兵の手記 「サムライYの青春」です。 角川文庫、昭和57年発行です。 「ドッグ・タッグとは犬の首輪に吊るす鑑札を意味する。」 「~私のそれには、次の文字が打ち込まれて…

「ヒトラーとロンギヌスの槍」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は、角川春樹事務所1998年発行「ハワード・A・ビュークナー」氏「ヴィルヘルム・ベルンハルト」氏共著 「ヒトラーとロンギヌスの槍」です。 ビュークナー氏は、第二次大戦中、米軍の軍医として従軍。 ヴィルヘルム氏…

「戦闘機入門」です。

みなさん、こんにちわ。水の心です。 今日は「戦闘機入門」です。 光人社NF文庫1997年発行、著者は「碇義朗」氏です。 碇氏は1925年生れ、陸軍航空技術研究所に勤務、戦後は航空、自動車の研究家となり、作家として活躍しました。 戦後生まれの私達は、諸外…